派遣された企業の方のご感想[IMPRESSION OF THE COMPANY]

「実学」の精神に基づき現場で活かせる人材教育を行うIFIの理念に、多くの企業から共感を頂いています。IFIに社員の方々を派遣頂いた企業のご担当者様の声をご紹介します。(※内容は、2013年11月・12月取材当時のものです)

一人ひとりの力を最大限に伸ばすために、IFIを活用しています株式会社三越伊勢丹ホールディングス 執行役員 経営戦略本部 人事部長 中村 守孝様

 IFIには1998年から、マスター・コースに18人、プロフェッショナル・コースに100人以上の受講生を送り出しています。当社では、お客様に“絶対的な価値”をご提供するために、人材育成を大きな柱として掲げています。企業にとって最も重要な財産は“人“であり、その力を引き出して伸ばせるよう、IFIを「Off-JT(Off The Job Training)」のカリキュラムに位置づけています。
マスター・コースは将来的にバイヤーやセールスマネージャーを目指す若手社員に、プロフェッショナル・コースは戦略的な「お買い場(売場)」づくりをすすめる中堅社員に受講させていますが、両コースともに卒業生はその経験を十分に活かしています。例えば、プロフェッショナル・コース卒業生は、既に約6割が管理職に昇進しており、現在商品部長として活躍している人もいます。
 IFIで学ぶことは、[マーケティングの考え方の習得」や「サプライチェーンの構造に対する理解」などに効果的であることに加え、外の空気を吸って人脈を築き多様な価値感を身につけること、目線を変えて新たな視点で物事を考えることなど、様々な面で極めて貴重な経験であると考えます。
 「ファッションの感性と経営的な視野を持ち合わせた人材を育成する」建学の精神を受け継ぎながら、IFIには日本のファッション・ビジネスが国際的競争力を高められるような人材教育を期待しています。

IFIでの“他流試合”で、自社では学べないことを習得してきてほしい 株式会社三陽商会 人事総務本部 人事部長 伊藤 六一様

 IFIビジネス・スクールとは、IFI創立からの長いおつきあいで、プロフェッショナル・コースには毎年複数名、社員を派遣していますし、マスター・コースで1年間学んでもらった社員もいます。アパレルや小売に特化した、実務で役立つ「実学」を学べる研修やスクールは、他には例がないと思います。
 特にプロフェッショナル・コースは、夜間の講義なので現場に穴をあけることなく、MDなどについて学べるのでいいですね。商品企画は、三陽商会にとって“肝”となる大事な部分なので、“三陽流”の仕事だけでなく、企画マンのスタンダードとなる知識を身につけてもらいたい。IFIの講義は、MDをやって数年経った社員が基本に立ち返って学ぶのに、大変良い機会だと思っています。IFIで学んだ社員からは「企画の幅が広がった」「他社の方との情報交換ができて良かった」という嬉しい声を聞きます。基礎知識を学べるのはもちろんですが、「他社ではこうやってるんだ」という、他流試合による気づきや人脈の広がりがあるということも、IFIに派遣するメリットだと思っています。IFIには、これからも、社内にいては学べないことを、講義の中でどんどんご紹介頂きたいです。

企業の方へ[FOR COMPANY]
  • 派遣された企業の方のご感想