受講生の声[VOICE FROM ENROLLEDSTUDENT]

バックグラウンドが皆違うから面白い。仲間達と共に目標に向かって取り組む経験は、今後の糧に。受講生(企業派遣生)株式会社三越伊勢丹森田 緑さん

IFIを選んだ理由

 大学在学時から“日本の技術力を世界へ伝えたい”という漠然とした想いを持っており、さらにファッションも好きだったこともあって、百貨店に入社しました。入社して以来4年間、三越銀座店で婦人服の自主編集売場を担当し、リーダーを任されるようにまでなりましたが、バイヤーになるという目標も持っており、スキルアップのために何ができるかを考えていました。
 IFIの事は以前より知っており、実は、入社1年目にプロフェッショナル・コースを受講しようとした事もありましたが、その時は企業派遣の条件に合わず諦めました。入社から4年経ち、思い切って、プロフェッショナル・コースではなく、1年間のマスター・コースに応募してみようと思い、先輩に相談したところ「一念発起して行ってみたら?」と後押しされ、IFIに通うことを決意しました。

IFIで学んでの感想

 4月に入学し、はや半年以上が過ぎました。通ってみて、“これだけの時間を勉強に費やすということは現場にいてはできなかった”と実感しており、マスター・コースに通えて良かったと思っています。また、大学の講義とは異なり、現場と“温度差のない”話を聞くことができるのは、IFIならではだと思います。
 マスター・コースは、大学のクラスとは違い、大卒からのIFI入学、異業界からの転職、私のような百貨店からの企業派遣等、クラスメートのバックグラウンドが異なります。同じ講義を受けても、考え方が本当に様々で、思いも寄らぬ意見が出てくることもあり、新鮮で楽しいです。現場で働いていた時より、自分のことや百貨店業界のことを客観的にみられるようになった気もします。クラスメートとは、みんなで飲みに行くこともあれば、時には、講義終了後にディスカッションをすることもあります。今までの自分とは“違う視点”を得ることができたのは、IFIに入ったお陰と感謝しています。

印象に残っている講義

 以前から素材・原料に興味があったので、ニットの講義で実際に工場に出向き、現場の人からリアルな声が聞けたのは大変興味深かったです。また、アパレルの専門知識以外にも、「コミュニケーション」「マネジメント」の講義では、会社で部下や上司とのコミュニケーションに役立ちそうな事が学べ、印象に残っています。また、グループワークの機会が多くあり、この機会を通じて、グループで動くことの大変さも、共に何かに取り組むやりがいも実感しました。この経験は、会社に戻っても必ず役立つと思います。IFIで学んだことを活かし、今後、ファッション業界を盛り上げる取り組みをしていきたいと思っています。

受講生の声・卒業生の活躍一覧
  • MASTER(受講生) 齊藤 佳奈さん
  • MASTER(受講生) 株式会社三越伊勢丹 森田 緑さん
  • PROFESSIONAL(受講生) 株式会社そごう・西武 池袋本店 婦人服飾部 アンドドレス係 塙 亜由美さん
  • MANAGEMENT(卒業生) 蝶理株式会社 アパレル第3部 第2課 江幡 昌亮さん
  • MASTER(卒業生) 株式会社髙島屋 MD本部 婦人服ディビジョン 係長 開発バイヤー 平井 雄治さん
  • MASTER(卒業生) 小松精練株式会社 商品開発部 商品企画グループ 桐山 華奈さん
  • PROFESSIONAL(卒業生) イオンリテール株式会社 衣料商品企画本部 キッズ商品部 子供グループ 女児服 マーチャンダイザー 水野 恵里香さん
  • EXECUTIVE(卒業生) 株式会社カインドウェア 取締役 紳士服事業部長 二反田 武史 さん
受講生・卒業生[STUDENTS]