卒業生の活躍[ACTIVITY OF THE GRADUATE]

心に“感じる系”の講義で、 経営者として心がけるべきことのヒントを もらえた。2013年7月受講 株式会社カインドウェア 取締役 紳士服事業部長 二反田 武史 さん

IFIを選んだ理由

 当社は1894年に創業し、2014年に120周年を迎える、フォーマルウェアの製造・販売を行っている企業です。今、当社は節目の年を迎えており、紋付袴に代わりダブルのブラックスーツを「略礼服」として日本に定着させた創業期、介護ショップを立ち上げヘルス&ケア用品事業という新業態を立ち上げた20年前の第二創業期に続き、「第三の創業期」を迎えようとしています。この「第三創業期」に向け、経営者として何を心がけていくべきか、他の経営者はどのように考えているのか、じっくりと考えてみたいと思い、IFIでの受講を決意しました。昨年、当社の代表もこのエグゼクティブ・コースを受講しており、代表より「非常に面白かった、講義に感動した」と勧められたのも、受講のきっかけとなりました。

IFIで学んでの感想

 講義は1泊2日の合宿形式で行われ、川上から川下まで、幅広い業種から受講生が20人ほどいらっしゃいました。同じ業界の経営者が一堂に会する機会はなかなかないので、良い“異業種交流”となったと思います。    繊維・物流・商業施設など各分野の代表や役員、大学教授など、6人の講師による講義を受けたのですが、それぞれの視点から全て経営についてご講義を頂き、組織づくり、新業態開発、周囲とのコミュニケーション、マーケティング等、総合的に学ぶことができました。講義を受けて感じたのは、「新しいことをやっていかないと、変化のある時代に生き残っていけない」という事と、「モノだけで売れる時代ではなくなった」という危機感にも似た気持ちです。非常に勉強になりました。

仕事で活きるIFIの講義

 講義で印象に残った「“モノ”から“コト”へ」という言葉は、仕事において日々意識するようにしています。当社は、フォーマルウェアの製造・販売が主な事業ですが、今、旅行会社やクリーニング店と組んで新たなサービスを企画しているところです。そのような取り組みが、今後ますます大事になってくると思っています。
 私自身は、営業畑が長く、経営に携わるようになってからはまだ1年ほどですが、やはり、経営者になると視野をすごく広く持たなくてはいけないということを日々実感しています。これまでも、経営者向けの研修は受けたことはありましたが、IFIのエグゼクティブ・コースは、一般的な研修よりも、心に“感じる”系の講義が多く面白かったという印象です。この講義を今後も有効に活かしていきたいと思っています。

受講生の声・卒業生の活躍一覧
  • MASTER(受講生) 齊藤 佳奈さん
  • MASTER(受講生) 株式会社三越伊勢丹 森田 緑さん
  • PROFESSIONAL(受講生) 株式会社そごう・西武 池袋本店 婦人服飾部 アンドドレス係 塙 亜由美さん
  • MANAGEMENT(卒業生) 蝶理株式会社 アパレル第3部 第2課 江幡 昌亮さん
  • MASTER(卒業生) 株式会社髙島屋 MD本部 婦人服ディビジョン 係長 開発バイヤー 平井 雄治さん
  • MASTER(卒業生) 小松精練株式会社 商品開発部 商品企画グループ 桐山 華奈さん
  • PROFESSIONAL(卒業生) イオンリテール株式会社 衣料商品企画本部 キッズ商品部 子供グループ 女児服 マーチャンダイザー 水野 恵里香さん
  • EXECUTIVE(卒業生) 株式会社カインドウェア 取締役 紳士服事業部長 二反田 武史 さん
受講生・卒業生[STUDENTS]