コンテンツ
企業の方へ

企業の方へ[FOR COMPANY]

貴社の未来を担う“人材”の育成に、IFIをご活用ください。

  • 受講企業
    350社以上

  • 修了生
    6000人超

    ※1998年~2017年
    基幹コース修了人数

  • 満足度
    85%

    ※2017年 プロフェッショナル・コース(MD講座)の修了時アンケート結果

IFIビジネス・スクールとは

IFIは、1992年に、国・墨田区・ファッション企業約400社の総意を受け財団が設立され、1998年の正式開校以来、“実学”をモットーとし、ファッションビジネスに特化した人材教育を20年以上行ってまいりました。モノ作りから小売に至るまでの全般に通じている人材を育成し、業界を牽引するリーダーを輩出することが、IFI開校当初から変わらぬミッションです。
IFIは、第一線で活躍する講師陣とのネットワークを活かし、「高い目的意識」と「業務に必要なスキル」を兼ね備えた人材を育成するプログラムを多数実施し、のべ6,000人以上の修了生が業界で活躍しております。貴社社員様の職種やキャリア、身に付けたいスキルに応じ、1日~8ヶ月間までのプログラムを実施しております。
いつの時代も企業を創るのは“人”。貴社のますますのご発展に、IFIの教育プログラムをご活用頂けたら幸いです。

IFIビジネス・スクールの特長

1業界特化型スクールだからできるファッション企業に最適なプログラム

ファッションビジネスに特化し20年以上運営しているスクールなので、ファッション企業に今求められる専門性の高い講義を実現できます。IFI職員も皆、ファッション業界出身。業界ならではの慣習や事情も熟知しているので、受講企業のニーズに合わせた講座の運営や研修の組み立てが可能です。

IFIビジネス・スクールの特長1

2業界の“第一線”で活躍する講師による双方向型講義

“実学”をモットーとするIFIの人材教育に共感頂き、業界の第一線で活躍され成功されている方に、講師としてご登壇頂いています。机上の理論ではなく、豊富な経験や現場事例に基づいた内容は、業界に特化したビジネススクールならでは。
普段の業務では出会うことのない方々のお話を、大規模なセミナーと違う近い距離で聴くことができ、さらに少人数制なので質問もしやすいのがIFIの特長です。

IFIビジネス・スクールの特長2

3インプットだけではなく“アウトプット”型のワークで理解を深める

多くの講座で、少人数制ならではのグループワークや視察等を実施し、実際に手を動かし体感する構成にしています。課題を他の受講生とともに考えアウトプットすることでより理解が深まるとともに、プレゼンテーション能力も磨かれます。

※ワークがない講座やプログラムもあります

IFIビジネス・スクールの特長3

4受講生同士の〝他流試合“により思考をブラッシュアップ

講義やワークを通してできるネットワークは社内研修では決して得られない財産。異なる業種、他社の方々の考え方に触れる事で、新たな発見や学びを得られます。受講者同士の“他流試合”を大事にしているのでIFIでも積極的に交流の場を創っています。IFIで築いたネットワークは、今後の仕事にきっと役立つことでしょう。

5財団法人が運営するスクールだからできるネットワーク

国、自治体、ファッション関連企業約400社からのサポートを受け設立された財団法人が運営するスクールです。設立時から、多くの業界人が関わって運営されている財団・スクールなので、豊富なネットワークと情報量によるカリキュラム編成・教材や、IFIならではの講師アレンジが可能です。

受講申し込み

資料請求・見学


キャリア・職種に応じた多彩なプログラム

実務経験数年の若手から経営者まで、キャリアにあわせて開催している4つのコース(基幹プログラム)をはじめ、ニーズに合わせた多彩な講座を開催しています。
いずれのプログラムも、変化の激しいファッションビジネスの現場で役立つ「実学」に基づいた内容となっています。

▼それぞれのコース名にマウスを当てると、各コースのページにジャンプします。

エグゼクティブ・コース マネジメント・コース アドバンス・コース プロフェッショナル・コース 特別プログラム カスタムメード・プログラム 繊維ファッションビジネス研究会

開講・募集スケジュール

主なコースの年間開講スケジュールです。年間研修計画にお役立てください。
「前期」と「後期」の学習内容は同じです。(登壇講師は変更する場合もあります)
資料請求、受講をご希望の企業様は、上部の「資料・見学申込」「受講申込」からお申込みください。

開講・募集スケジュール

受講申し込み

資料請求・見学

VOICE 受講企業の声

※当内容は取材時(2018年12月時点)の内容です


株式会社イトーヨーカ堂
執行役員 ライフスタイル事業部長
豊島 直人 様

IFI プロフェッショナル・コース(ファッションMDの実践講座)に社員様を派遣。講座最終回のグループワーク発表時には、自らお越し頂きIFIでの学びの成果を確認するなど、人材教育に熱心に取り組まれていらっしゃいます。

“物の見方・考え方”を学ぶ場所がIFI。学んだことが自信と成長につながる

当社は小売業ですので販売部門と仕入部門がありますが、販売部門に関しては細やかな研修制度があるものの、仕入部門に関してはOJTが中心となっており、ともすれば前例や先輩のやり方がスタンダードとなっている場合もあります。また、MDの仕事は本来なら無限の可能性があると思いますが、商品カテゴリごとにそれぞれがセグメントされてしまい狭い考えに陥ってしまう事も時としてあります。

IFIでの教育において期待するのは、専門分野に関するノウハウではなく、“物の見方”“考え方”を身に付けてもらうことです。MDの重要な仕事の一つが、広くビジネスプランを考える事だと思いますが、IFIのような場所でビジネスの本質的な部分を学ぶことで、“井の中の蛙”にならずに、広い視野でビジネスを生み出せる視点を身に付けることができると考えています。

IFIのプロフェッショナル・コースは週1回・半年間ありますが、受講している社員には毎週報告レポートを書いてもらっています。レポートを見ると、敵情視察や競合店調査、分析の仕方や表現方法、マーケットの見方等、基本の手法をしっかりと学んできていると感じます。毎回、講座の募集時期になると受講したい者を募るのですが、自ら手を挙げIFIでの受講を希望する社員は成長意欲も高く、業務の都合をつけて休まずIFIに通ってくれており大変嬉しく思っています。
 また、IFIで学んだ社員は自信を持って通常業務に戻ってくれていると実感しており、例えば資料の作り方、そして他社との交流で生まれる人脈や新たな視点など、自社では得られないメリットがたくさんあると思います。実際、私もプロフェッショナル・コース最終回のグループワーク発表を見させて頂きましたが、発表を聴くだけでも、百貨店・アパレル・SPAなど、業界によりまた個人により資料の作り方や発表の仕方にかなり違いがあり、受講している社員は本当に刺激になっただろうと実感しました。

今後もIFIの学びの場を活用し、広い視野を持ち自らビジネスを生み出せる人材を育成していきたいと思っています。人材育成の視点がこれからの企業の成長には不可欠だと考えています。

松田 智佳子 様

株式会社大丸松坂屋百貨店
人財開発部 人事・人財育成・採用担当 
松田 智佳子 様

IFI アドバンス・コース、プロフェッショナル・コース(ファッションMD講座、デジタルビジネス講座)、大阪講座など幅広い分野において社員様を派遣。次期リーダーの育成のため積極的にIFIをご活用頂いています。

他社から受ける刺激や気づきこそが、IFIで学ぶ一番のメリット

当社はこれまでも、多様化するお客様のニーズに応えるために、百貨店だけにとどまらず小売業のウィングを広げて事業展開を行ってきましたが、昨年「小売業の枠を超えた”マルチサービスリテイラー”へ」進化すべく中期経営計画を策定し、「“くらしの新しい幸せ”を発明する」を新しいグループビジョンとして掲げました。私達を取り巻く社会、お客様のくらしが、今までにないスピードでめまぐるしく変化していく時代となり、人生の楽しみ方が広がっていく一方で、不安やストレスも生み出されていく中、その「プラスとマイナス」の両方に寄り添い、お客様のくらしのあらゆるシーンでお役に立てる企業へと成長していこうとしているものです。
 このようなビジョンのもと、単に知識・スキルを持っているということではなく、マーケットを的確に捉え、10年後・20年後を見据えたビジョンや戦略を策定し、新たな事業を展開していくことのできる人材を育成していくことが、会社としてますます必要不可欠になってきています。

このような人材育成のために、社内でもさまざまな研修プログラムを用意していますが、そのうえで、IFIに社員を派遣し学ばせる一番の理由は、IFIが長年培ってきた業界内外のネットワークです。社内の人間だけで物事を考えると、どうしても同じ思考になりがちですが、IFIでは様々な業種・立場の方と一緒に切磋琢磨しながら学ぶことができ、新たな繋がりと発見が生まれます。このネットワークこそ、社内の研修だけでは得ることができない、IFIで学ぶメリットだと思います。
 受講した社員からは、「他社の方と共に課題(グループワーク)を創り上げていくプロセスを体験できたことが勉強になった」「自分の中の“当たり前”が、実はそうではなかったことに気付いた」「他社の方と話をしていて、自社サービスのメリットに改めて気付くことができた」等の声をよく聞きます。
 また、日々の業務に追われていると、“お客様の支持を得る“ということはどういうことか、基本から学び直す機会は意外と多くありません。IFIのプログラムは、そのような、基本から最新の情報までを押さえながら、マーケットやお客様について、とことん考え直すきっかけにもなっているのではないでしょうか。今後のリーダーとなるべき人材には、今後もIFIで学んでいただきたいです。

嘉野 敬介 様

株式会社ジュン
取締役執行役員 人事・総務部管掌
嘉野 敬介 様

IFI アドバンス・コース、プロフェッショナル・コース(ファッションMD講座、モノ創り講座、デジタルビジネス講座)など幅広い分野において社員様を派遣。次期リーダーの育成のため積極的にIFIをご活用頂いています。

ファッション業界の“全方位”を網羅し学べるユニークなスクール

当社の目指す人材教育は、“T字型”人間の育成。Tの横線は「広い」知識、縦線は「深い」知識の事で、“広く・深く”知識を吸収していくという考え方を大切にしています。当社は様々なブランドを展開していますが、ブランド単位では範囲が狭く、自分のブランドのみ見ているだけでは新たなビジネスを生み出すことができません。
また、当社には販売職から本社スタッフになる者が多くおりますが、販売から本社業務に移る際のギャップは大変大きく、基本的なポイントを社内で教えなくてはいけないものの、教える側も多忙で手がまわらない実情もあります。今は様々な情報をすぐにネットで入手できる時代ですし、ファッションビジネスの専門知識を学ぶセミナーも数多くありますが、様々な情報が溢れる中、「何が重要なのか」「何が自分にとって必要なのか」を見極める力が必要だと常々感じていますし、そういった力の育成をIFIに期待しています。

IFIは、単なるセミナーで終わらずに、数か月の講座形式でじっくりと物事を見極める力を付けていくので、当社の人材教育方針に合っていると感じています。ファッション業界といっても様々な業種がありますが、業界の“全方位”を網羅しているスクールがIFIなのではないでしょうか。当社は「Fashion, Food, Fitness」という3つのFから成るビジョンを掲げていますので、そういう意味でも広く物事を捉えることができるIFIを活用するのは意味のあることだと思っています。

IFIで学んだ社員には、途中のヒアリングと修了後のレポートを提出してもらっていますが、見ていると、今まで自分になかった新しい知識を吸収したという自信と意欲をもって戻ってきているようにと感じていますし、IFIで得た様々な気づきにより知識が横に広がり“T字型”の形成に役立っていると実感しています。IFIで得た新しい考え方や知識をもとに、新しいビジネス、新しいカルチャーを生み出していってほしいと願っています。